こんにちは。
富山市にお住まいのお客様を中心に、エコキュートやボイラーの交換や修理、給湯器交換工事を承っている株式会社リプロ住設です。
現在、ご使用中のガスコンロでお困りの方はいらっしゃいませんか?
ガスコンロが不具合を起こした場合、交換するか修理で済ませるか……。
どちらがお得なのか気になりませんか?
今回はガスコンロの交換と修理、どっちがお得なのかをテーマにお話したいと思います!
ぜひ、ガスコンロをご使用中の方は参考にしてみてください。

ガスコンロの種類


ガスコンロには2つの種類が存在します。

1.据え置き型

賃貸にお住まいの場合は、据え置き型でガスコンロを準備する方も多いのではないでしょうか。
キッチンスペースにガスコンロを設置し、ガス栓とつなぐことで使用できるガスコンロです。
この据え置き型のガスコンロの寿命は5~7年といわれています。

2.ビルトイン型

一軒家だけでなく、賃貸住宅でも見かけるようになったシステムキッチンで使用されているガスコンロのことを指します。
こちらのガスコンロの寿命は、7~10年程度です。
このようにガスコンロの耐用年数を設定されていますが、法定耐用年数は6年と定められています。
あくまで目安になる年数ですが、これらの時期を目安に定期的に点検を行うことで、問題なく長く使用し続けることができます。

交換か修理どっちがお得?

では、ガスコンロが不具合を起こしたときに、交換か修理どっちがお得なのかをご説明していきます。
まずはガスコンロの不具合とは、どんな症状なのかをご紹介します。
・火がつきにくくなった
・火力にムラを感じる(火の色がオレンジや黄色に変色する)
・ガスは出ているのに火がつかない
このような状態が散見するようになったら、ガスコンロを交換または修理した方がいいです。
交換ではなく修理で済ませたい場合は、必ず製造年数を確認しましょう。
製造年数が10年以上経っている場合は、修理に必要な部品の在庫がない場合がほとんどです。
もし今ご使用中のガスコンロがとても気に入っているという場合は、耐用年数を過ぎる前に点検し必要な部分だけ修理しておくことをおすすめします。
このように必要な部分だけ修理することで、費用をできるだけ抑えられることがメリットの一つです。
しかし、修理を行ってもまた他の部分が劣化し不具合を引き起こす可能性があることも知っておきましょう。
そのため、使用し続けることで修理する部分が増え費用が高額になる可能性もあることを知ったうえで、修理か交換かを選択しましょう。
また、修理ではなく新しいコンロへの交換は、新機能の追加・不具合がなくなるといったメリットがありますので、ストレスフリーな状態で使用できます。
しかし、交換に必要な費用が一括で必要になるため、一時的に出費が増えることがデメリットと感じる方も多いでしょう。
交換することによって一時的に出費が必要とはなりますが、またお手入れを念入りにすることで10年以上使用し続けられる可能性があります。
できるだけ長く使用し続けることで、最終的に修理よりも交換する方が安く済む可能性も!
そのため修理か交換、どちらが適切なのかを専門業者と相談しながら決めていきましょう。

修理か交換かリプロ住設に相談ください


いかがでしたか?
大切な設備だからこそ、長く使用し続けられるようにしたいですよね。
そんなお客様のご希望を尊重し、設備の状態にあったご提案を行います!
ご自宅のガスコンロは修理か交換か、どちらにすべきかとお悩みの方はお気軽にご相談ください。
他にもエコキュートや給湯器交換、ボイラーについてもご相談していただけます。
最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。


株式会社リプロ住設
〒930-0175  富山市願海寺396-1
TEL:076-471-8539  FAX:076-403-2838